【ダイナミックトレード】ダイナミックトレードのご紹介開始しました!

Mar31cover2.jpg

みなさん、こんにちは。海外太郎です。

 

海外FXお役立ちガイドの取扱いFX会社に、また1社、強力なニューカマーが加わりましたので、今回ご紹介したいと思います。

 

そのブローカーとは、Dynamic Trade(ダイナミックトレード)です。

 

聞いたことがない、という方も多数いらっしゃるかと思われますが、FXビジネスには2011年から参入しており、中堅ブローカーといった立ち位置にあります。

 

では、簡単に概要とポイントをご説明します。

 

≪会社概要≫

2011年設立の中堅FXブローカー。EUの金融商品指令(MiFID)の管理・調整基準に従って、業務を行っています。

取扱商品は、通貨ペア40種類、およびゴールド・原油などを含むCFD30銘柄と多岐に亘っています。

取引プラットフォームは、MT4と同社独自のシステムである「PROfit」となります。

 

≪注目ポイント≫

Dynamic Trade(ダイナミックトレード)の大きなポイントとして、最初に紹介しなければならないのは、「リスクフリー口座」というサービスです。

 

このサービスを利用すると、口座開設から最初の5ポジションで発生する損失を、ダイナミックトレードが負担してくれるんです!FX取引に慣れていない初心者トレーダーさんや、ダイナミックトレードの取引環境を試してみたい方には、非常に嬉しいサービスですね。

 

リスクフリー口座の利用方法ですが、取引プラットフォームとしてPROfitを選択すれば自動的に、リスクフリー口座として設定されるそうです。

 

注目ポイントとしてもう一つ挙げたいのは、日本語サポート体制の厚さ、です。

 

すでに、日本語サポートスタッフを10名程度採用しており、メールやライブチャットでの日本語対応、日本語ウェブサイトのコンテンツ拡張など、日本のトレーダーさんに満足してもらえるようなサービスを展開していく姿勢がうかがえます!

 

ダイナミックトレードの詳しい会社情報は、海外FXお役立ちガイドをご覧ください。

 

Dynamic Trade(ダイナミックトレード)の口座開設 ⇒ こちら

 

dynamic_banner.png

 

      

DynamicTradeの最新記事


その他、DynamicTradeの関連記事はこちら