【MT4】MetaTrader-Build600について

みなさん、こんにちは。

先日、メタクオーツ社は、Build600をリリースしました!
特にEAをご利用のみなさん、下記の記事をチェックしてください。

ちなみに、現在のBuild(ビルド)を確認するには、
MT4上の「ヘルプ」から「バージョン情報」をクリックして、
表示された小窓の左下に書かれた“Build●●●”をチェックします。


今回のアップグレードによって大きく変わったのは3点です。


① ファイル保存場所の変更

EA、インジケータ、スクリプト、ライブラリのファイルの
保存場所が下記の通り変更になりました。

以前のバージョンのMT4をご利用になっていた場合、
ビルド600へバージョンアップした際に自動的に移動します。

EA(エキスパートアドバイザー): MQL4 ⇒ Experts
インジケータ:MQL4 ⇒ Indicators
スクリプト:MQL4 ⇒ Scripts
ライブラリファイル:MQL4 ⇒ Libraries

フォルダの確認方法:
MT4上の「ファイル」から「フォルダを開く(Open Data Folder)」
をクリックします。

バージョンアップ後、EAやインジケータが正常に機能しているこを
確認してください。


② MQL4コーディング言語の変更

メタトレーダーの自動売買やカスタムインディケーター構築システムの基礎となるMQL4のコーディング言語が大幅に変更されました。

EAやインジケータを設置される際は、
がビルド600に対応しているかどうかご確認ください。

※バージョンアップ前に設置されたEAやインジケータが正常に機能しているこを確認してください。


③マーケットプレイスの追加

これまで、MT5からのみ可能だった、「プラットフォームからのマーケットプレイスへのアクセス」が、MT4でも可能になりました。トレーダーは、プラットフォーム上から簡単に、無料・優良のアプリケーション等をインストールすることができます。

↓↓



バージョンアップーはこちらから↓↓

FxPro ⇒ こちら
XM ⇒ こちら
IFCM ⇒ こちら
Pepperstone ⇒ こちら
FXDD ⇒ こちら
YouTradeFX ⇒ こちら

海外FXランキング

      

お知らせの最新記事


その他、お知らせの関連記事はこちら