HSBC HKインターネットバンキングで海外送金

みなさん、こんにちは。

レスター大学の社会心理学者エードリアン・ホワイトさんが作成した
「世界の幸福度ランキング」
が話題になっていますね。

1位 デンマーク
2位 スイス連邦
3位 オーストリア共和国
4位 アイスランド共和国
5位 バハマ国
6位 フィンランド共和国
7位 スウェーデン王国
8位 ブータン王国
9位 ブルネイ・ダルサラーム国
10位 カナダ

23位 アメリカ
82位 中国
90位 日本

ランキングによると、日本はなんと90位!

気になるその基準は、良好な健康管理、高い国内総生産(GDP)、教育を受ける機会、景観の芸術的美しさ、国民の強い同一性等々、そして日本の順位を下げた理由としては、プライベートと仕事の時間の割合、食事にかける時間等が重視されたそうですよ。

さて、今日は、HSBCHongKong のインターネットバンキングで
海外送金をする方法
をご案内させていただきます。

最近は、日本人のHSBC口座開設が人気で、関連記事を良く見かけるようになりました。資金を分散して海外で預金する、海外の優位な投資商品を購入する等が目的が主だそうです。

HSBCは、インターネットバンキングが利用できて、両替や送金手数料が安いこと、世界中にATMがあるので海外旅行の際に現地通貨を引き出すのにも便利です。


ではでは、海外送金の方法を見てきましょう!
HSBC口座をお持ちの方は、ご参考になさってください。


まず、HSBCへログインします。
「Banking」の「Overseas Transfer」をクリックします。


Setep1.
Account という欄は、送金したいお金が入っている口座を選択します。
私は、JPYを送金したいので、JPYの口座を指定しました。

※HSBCでは、複数の通貨を保有することができます。


送金先の情報を記入していきます。
私が送金したのは、IronFXの指定銀行口座です。

Bank No.(銀行番号)、Account Holder's Address(口座保有者の住所)は、必須項目ではないので、空欄でOKです。

Message to Recipient は送金先に向けたメッセージを書き込みます。
FX会社に送金する際は、こちらに取引口座番号を記入してください。

Message to Recipient's Bank は受取り銀行に向けたメッセージを書き込みます。私の場合は、送金元用の情報ですが、念の為SWIFTコードを書き込みました。




Step2

①送金する通貨と金額
②送金する日
③送金手数料を引く口座を指定します。
 私の場合は、分かり易いように送金通貨と同じ通貨口座を指定しました。
④手数料を相手先にする場合は「Recipient」、自分で負担する場合は「Myself」です。
⑤HSBCの利用履歴に自分のメモを入れる場合はこちらに書き込みます。

最後に「Go」をクリックします。



(画像をとり忘れたので、頼れるマニュアルから…)

最後に、セキュリティーデバイス(トークン)で操作します。
デバイスの黄色いボタンを押して「-」の表示がでたら、送金先口座番号のおしり8桁を入力します。次にもう一度、黄色いボタンを押すと「●●● ●●●」というように数字が表示されるので、この数字を赤枠に入力します。

最後に、こちらの画面の一番下にある「Confirm」をクリックします。
これで送金手続きは完了です。

銀行窓口より早いですね。


「Banking」で送金した口座の利用履歴を確認します。

青枠の部分が送金履歴ですね。
1,642円が送金手数料です。国内の銀行から海外送金する際の手数料は、4,000~6,000円が相場です。
これは嬉しいですね!

 

頼れるマニュアルは、MT4自動売買セミナーの主催企業様が作成されています。
ここまで詳しく解説されているマニュアルは他に知りません。

 


「春の口座開設キャンペーン」開催中!

      

海外送金の最新記事


その他、海外送金の関連記事はこちら