【Pepperstone】国内送金が可能な会社!!

  • 投稿日:
  • カテゴリ:

みなさん、こんにちは。

先日、海外送金がお得な会社 Part1 と題して、
IFCMの入金に関するサービスをご紹介をさせていただきました。

《記事》 海外送金がお得な会社 Part1

Part2 は、Pepperstoneの送金サービスをご紹介する予定だったのですが、、Pepperstoneの海外送金は特にお得ではありません。

うっかりでした。。

Pepperstoneのお得な送金サービスは、国内送金です!!

という訳で、海外送金がお得な会社シリーズはPart1で終了し、
今日は、国内送金が可能な会社Pepperstoneをご紹介します!


Pepperstone(ペッパーストーン)は、オーストラリア証券投資委員会(ASIC)によって認可を受け、 2010年営業を開始した新興ブローカーでず。

ディーリングデスクを設けないNDD(ECN)方式を採用しており、透明性の高い取引が提供されている点、また、世界の銀行格付けAAランク以上の銀行(National Australia Bank、HSBC BANK)にて顧客資金の分別管理が行われている点から、信用のおけるブローカーとして人気があります。


***********************************************
  Pepperstone 嬉しい国内送金について
***********************************************

IFCMの記事でも触れましたが、簡単・安い・便利!なクレジットカード入金にも条件によってはデメリットがあります↓

・利用限度額がある
・出金に時間がかかる
・入金額相当と利益分とに分れて出金される

こんな理由から海外送金を利用される方も多いわけですが、海外送金はなんせ手数料が高い、そして銀行窓口での送金手続きも面倒です。

そこで、ぜひ利用していただきたいのが、Pepperstoneの国内送金(三井銀行)サービスです。

一般的な国内銀行同士の送金システムですので、手数料はご利用の銀行によりますが、数百円インターネットバンキングやATMが利用できるので、思いついたら直ぐに送金できますし、翌日には着金します。

注意点は、4万円以下の入金には1,000円の手数料がかかる点と、入金時に必ず「紹介番号」を入力する点です。

※紹介番号の入力はとても重要ですので、次回のブログ『Pepperstoneの国内送金での入金方法』で詳しく解説させていただきます。

 

***********************************************
    Pepperstone 口座詳細情報
***********************************************

Pepperstoneは2つの口座タイプを提供しています。
取引スタイルを考慮してご自身にあったタイプを選択してください。


《口座タイプによって異なる点》

スタンダード口座 
スプレット:USD/JPY (1.0~1.7 pip)
EUR/USD (0.5~1.8 pip)
GBP/USD (1.0~2.2 pip)
取引手数料:無し
注文方式:STP 方式

レザー口座
  スプレット:USD/JPY (0.1~1.2 pip)
EUR/USD (0.1~0.8 pip)
GBP/USD (0.1~1.1 pip)
取引手数料:AUD3.5/1lot(片道)
注文方式:ECN 方式


《共通点》

*取引単位:1 lot=100,000通貨
*最小取引単位:0.01 lot (1,000通貨)
*初回最低入金額:$ 200
*最大レバレッジ:400倍
*口座通貨:JPY・USD・EUR・GBP・CHF・AUD・NZD


※最大レバレッジについて:
海外FXお役立ちガイドの口座開設サポートをご利用いただいた口座は、最大レバレッジ400倍に設定されていますが、下記のページより簡単にレバレジ設定の変更申請を行っていただけます。(画面右上に言語選択あり)
https://pepperstone.com/clients/client-forms.php



Pepperstone無料口座開設サポートのお申込みはこちらです↓


「春の口座開設キャンペーン」もぜひご利用ください!

      

Pepperstoneの最新記事


その他、Pepperstoneの関連記事はこちら