【currensee】My currensee 公開 part1.

  • 投稿日:

みなさん、こんにちは。


今週末はたくさんの方から、currenseeFXDD ご利用登録サポート のお申込みをいただきました。
海外FXお役立ちガイドをご利用いただいて、ありがとうございます!


さて、私のcurrensee口座ですが、そろそろ利用を開始して半月になります。

既にcurrensee口座を開設された方にも、トレーダーの選択の際にご参考にしていただけたらと思うので、この辺で私の口座状況を公開させていただきます!



あららら~ 利益/損失の総額が 8,099円のマイナスです。。

実は、このポートフォリオ、金曜に変更しています。
変更前のポートフォリオには、LW Trading(LIWWK.A)と、Chen Investments (CHCMP.S)を入れていました。

Chen Investments は、大きなプラスではないものの、安定して結果を出し、
半月で8,178円のプラスを出しています。

損失も利益もがっつり型の LW Trading は、一時2万円近いマイナスを出していたので一先ずポートフォリオから外して、現在は 小さくコツコツ型の JLFX Network  (JOLSU.G) を入れています。

我ながら、ビビり的ポートフォリオ変更 だなあと思います(苦)

上司に言わせれば、多少のマイナスが出たからといって、いちいちトレーダーを入れ替えていると、自動売買のメリットを享受できないよ・・・とのことで、それを聞くとまた悩みだすわけですが、、

そもそも私の始めのポートフォリオは、2人のトレーダーが両方ともハイリスク型なので、いくら華やかな実績をだしているトレーダーであっても、リスク分散という意味では良いポートフォリオとは言えないふしがありましたので、これもまた良しではないでしょうか。

 

では、私が選んだ3人のトレーダーにつて、ちょっと細かく見ていきましょう。


■LW Trading(LIWWK.A)


・TAI:98.4  ・戦略:Scalping (Automated)  ・リスクインデックス:59.1
・累積リターン:3246.2%  ・履歴:1年5カ月


折れ線グラフを見ると、数値が上下にガタガタゆれながら上昇しています。
損失も大きいですが、それ以上に利益を取っていくやり方ですね。

累積リターンを見ると、他のトレーダー(現在全17人)に比べて圧倒的にリターンが大きいことがわかります。(履歴も考慮しなければなりませんが)

もし、このトレーダーが加わった頃から利用していれば、20万円の配当でこれまでに 6,492,400円の利益が出ている計算です。


※TAI:パフォーマンススコアとリスクスコアの比重から成り立つcurrensee社独自のトレーダーのスキル指標。
※累積リターン:カバーした時間枠に独立した時間で投資が利益を産み、損失を出した総額が投資された額のパーセンテージとして表されます。
※リスクインデックス:デイリーボラティリティ、損失を出した日数の割合、最大ドローダウンの割合から引き出したリスク妥当性の評価基準。30点を起点にハイリスク、ローリスクと評価されます。


■Chen Investments (CHCMP.S)


・TAI:96.4  ・戦略:Technical  ・リスクインデックス:39.1
・累積リターン:117.8%  ・履歴:4ヵ月


この折れ線グラフは良いですね。ところどころグンと落ちている箇所がありますが、基本なだらかに上昇していますね。

そしてもう一つ注目したいのが、私が利用してからの勝率です。たったの59%で、8,1478円の利益です。トレード実績の表を見ると分りますが、負けのボリュームが小さく抑えられています。


開始して4ヶ月で
この累積リターンというのも、かなり優秀ですね。20万配当で235,600円の計算です。


■JLFX Network  (JOLSU.G)


・TAI:90  ・戦略:Technical (Semi-automated) 
・リスクインデックス:10.1   ・累積リターン:38%  ・履歴:7ヵ月

リスクインデックス 10.1ですから、リターンだってこうなりますよね。
まあ、これはこれでありかなと思います。

しかし、金曜に入れてまだトレード1回って、、もっと働けー!と叫びたくなりますが、これは実はとても大切なポイントです。

currenseeのトレーダーは、月間利益額の20%を成功報酬として受け取りますが、かつて、トレーダーが取引毎に報酬を受け取る形のシステムを利用した会社は、無駄な取引が増え利用者が利益を得られないということがありました。

それぞれのトレーダーが、ここぞ!というタイミングでのみ取引を行い、
それが、トレーダーにとっても利用者にとってもメリットになる、この環境が大事なんですね。


・・・ということで、しばらくは様子を見て行きましょうかね。。
また次回の My currensee公開を楽しみにしていてくださいね!
(一番楽しみにしているのは本人なのですが ^^)

      

の最新記事


その他、の関連記事はこちら