チョコレートをつまみに、海外FX

  • 投稿日:

残暑厳しい8月も もうおしまい。

暑い中にもどこか秋の気配を感じさせる9月、
夏に溜めこんでしまった疲れが出てくる季節でもありますね。

そんな季節に おすすめしたい食べ物、それは『チョコレート』です。

チョコレートの原材料であるカカオ豆の学名は「テオブロマ・カカオ」。
テオブロマはギリシャ語で"神様の食べ物" を意味するそうです。

その名前の由来の通り、カカオ豆には たくさんの効能があり、

古代メキシコでは、王侯貴族や勇敢な兵士にだけ許される贅沢品でした。

その後、ヨーロッパへ持ちこまれても、初めは薬屋で扱われたそうです。

ちょっと待ってよ、メタボだからチョコレートなんて無理っ!
と言うあなた、ちょっと待ってください。

チョコレートは確かに脂肪分が多いですが、
その脂肪の質が良質なので、食べても血中の悪玉コレステロール値は上がらないそうです。

その他、チョコレートを食べるとこんな良いことがあります!

カフェイン、アルギニン効果で元気に
チョコレートは強壮剤代わり!ここぞという、正念場の前はチョコレートです!
集中力や注意力、記憶力がアップするという実験結果もでています。
チョコレートをつまみに、海外FX。最高ですね。

ポリフェノールの効能がすごい
がんや動脈硬化などさまざまな病気の原因といわれる活性酸素。
今、その働きをおさえると注目されているのがポリフェノールです。
ポリフェノールは赤ワインにも多く含まれていますが、
チョコレートにはそれよりもはるかに多量に含まれています。

病原菌をおさえ、傷の治癒にも効果的
胃かいようや胃がんとの関連が深いピロリ菌を殺菌する効果があるといわれています。
年間のチョコレート消費率が日本の訳10倍あるスイスでは、
胃がんの死亡者が日本の4分の1なんだとか。。

現代人に不足しがちなミネラルが豊富
カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛などのミネラル類を豊富に含みます。
マグネシウム不足は心臓病の危険を増すとい言われています。

カカオ含有量の高いチョコレートを食べて、健康になりましょう。
カカオ含有量60~70%くらいがおすすめですよ。

      

の最新記事


その他、の関連記事はこちら